太陽光発電の投資で失敗しない7つの原則【売電ネット】

太陽光発電は初期投資費用が高額

【無料会員登録】資金0円から太陽光発電投資が始められる

リスクのない安定投資がしたい。
利回り10%以上の物件が多数。

>>【タイナビ発電所】土地付き太陽光発電の投資物件検索サイトはこちら

太陽光発電投資は、初期費用が高額

 

【初期投資の費用が高額である】

 

太陽光発電への投資は、適切な日照時間の当たる土地に、適切な設置(施工)がなされ、適切なメンテナンスが行われれば、確実な利益が得られる低リスクなものです。

 

しかし、安くなったとはいえ太陽光発電システムの初期費用はまだまだ高額です。

 

もしも、なんらかの事情で現金が必要になった場合、他者に設備を売るのは容易ではありません。

 

ただし、中古市場が整備されはじめており、売電価格が高いものなら買い手も現れるでしょう。しかし、すぐに現金化できないことは弱点でもあります。

 

 

 

【天候次第で発電量が一定しない】

 

 

太陽光発電システムのエネルギー源となる太陽はなくなりません。けれど発電量が天候によって左右されることも、太陽光発電投資のデメリットの1つです。

 

発電量は、太陽による日射の強さや日照時間によって変化します。とうぜん太陽の隠れた夜はまったく発電しませんし、雨や曇りの日は発電量が低下してしまうため、安定的に電気が供給されないのです。

 

そのために太陽光発電の事業化にあたり、いちばん最初に行われることはパネル設置予定場所の日照量の測定になります。

 

なお、20年という年月の中で周辺環境は変化します。建物ができて、太陽光発電パネルに影が入って発電量が減少することも珍しくありません。

 

またエネルギー密度が小さいため、太陽電池を設置するための広大なスペースが必要です。50kWの規模のシステムならば750平方メートルの面積が必要になります。

 

 

 

【太陽光発電パネル設置後のトラブル】

 

 

太陽光発電システムは、再生可能エネルギーの固定買取価格や優遇税制、各種補助金、システムや設置費用の低コスト化などの追い風を受けて、産業用だけでなく家庭用も急速に普及しました。この急速な普及にともなって、新しいトラブルが発生しています。

 

たとえば、景観問題。見た目です。ほかにも、太陽光パネルに反射した光が近隣建物に差し込み、住民がまぶしくて反射光を低減させるための工事、および損害賠償を求めた訴訟もおきています。

 

 

 

【最大のデメリットは長い投資期間】

 

 

再生可能エネルギーの固定買取制度によって、急速に太陽光発電システムは増えています。そのため、買取価格の下落は毎年とまらず、今後も下がることはあっても上がることはないでしょう。

 

近い将来、太陽光の発電コストは一般の系統電力の料金と等しくなるグリッドパリティになると予測されています。

 

わたしたち投資家ができることは、できるだけ売電価格が高いうちに契約し、売電をはじめる。可能なかぎり発電量を増やし、発電量の監視や適切なメンテナンスをし、発電量をどこまで安定的に供給するか・・・です。

 

 

 

【地域の自然条件を確認して設置する必要性あり】

 

 

太陽光発電モジュールの性能を別にすれば、年間の発電量を左右する要因はシステムを設置する「年間日照時間」です。

 

日本では、日本海側より太平洋側の年間日照時間が長く、おおくの発電量が期待できます。また、季節によっても発電量は大きく変わります。

 

たとえば雪。パネルにたくさん雪がつもれば、太陽光が照射されず発電されません。

 

>>>太陽光発電は監視・防犯が必要

【無料一括見積もり】安定した収入源を確保するのなら今すぐ

資金や土地がなくても大丈夫。
最もオススメの土地活用法です。

>>【タイナビNEXT】無料で産業用太陽光発電の厳選優良業者を一括見積り!

ホーム RSS購読 サイトマップ