太陽光発電の投資で失敗しない7つの原則【売電ネット】

太陽光発電投資の融資について

【無料会員登録】資金0円から太陽光発電投資が始められる

リスクのない安定投資がしたい。
利回り10%以上の物件が多数。

>>【タイナビ発電所】土地付き太陽光発電の投資物件検索サイトはこちら

太陽光発電投資の融資について

 

【太陽光発電投資の融資】

 

太陽光発電の建設・設置には初期費用がかかります。そのために資金調達が必要になります。

 

太陽光発電は利益が見込める事業のため、銀行などから融資を受けて事業を行うことができます。

 

もちろん、融資なので借入金は返済しなければなりません。売電の売上から、返済します。ローンを組む場合も同じです。

 

 

 

【資金調達の方法】

 

 

太陽光発電システムの導入費用をそろえるために、自分ですべて用意する(自己資金)、日本政策金融公庫、信販会社で借りる方法があります。

 

信販会社と銀行では融資の種類がちがいます。たとえば銀行。銀行は太陽光発電システムを設備とみなし、設備投資費用として融資をしてくれます。

 

信販会社の場合、利用者が「太陽光発電システムという商品を買うこと」に資金を融通します。

 

もしも自己資金に余裕がなければ、投資額の小さな屋根に設置する方法もあります。発電した電気を全量販売することも可能なので、手軽に取り組むことが可能です。

 

 

 

【分譲型の太陽光発電設備を購入する】

 

 

分譲型のメガソーラーは、50kWごとに区切って分譲します。50kW以下であれば低圧での契約となり、系統連結の費用が安くすみます。

 

分譲型メガソーラーを購入する場合は、自分で設置する時と同様の注意点があります。日照量、施工について、監視やメンテナンス体制、何かあったときの保険をよく確認し、契約に臨みます。

 

 

 

【ファンドによる太陽光発電投資】

 

 

自分で直接、事業に投資するのではなく、ファンドによる投資方法もあります。あなたは出資者として、特定目的会社(SPC)に出資し、配当を受け取ります。

 

ファンドによる事業では、太陽光発電以外にも風力や小水力など他の再生可能エネルギー事業でもおこなわれています。

 

 

 

【産業用パワーコンディショナーの選び方】

 

 

太陽電池パネルは、発電効率と価格のバランスで選びます。ただ安いからという理由でパネルを選ぶと、20年という年月は乗り切れないこともあるので注意が必要です。

 

パワーコンディショナーは、太陽光発電システムを構成する重要な電子機器です。選定には十分な検討を行い、使い勝手のよい機器を選びましょう。

 

・取り付けは容易か
・メンテナンスは容易か
・連携する電力系統と電圧や電気方式が一致しているか
・(停電などで使うとき)非常時に自立運転ができるか、蓄電池付き運転は可能か。
・信頼性が高く、長寿命か
・発電量が簡単にわかるか
・保護装置の設定、試験が簡単にできる
・サービスは万全か

 

ほかにも、電力変換効率が高いこと、夜間などの待機損失が少ない、低負荷時の損失が少ない、ノイズの発生が小さい、好調波の発生が小さい、起動と停止が安定していること、などがあります。

 

>>>太陽光発電投資の最新情報

【無料一括見積もり】安定した収入源を確保するのなら今すぐ

資金や土地がなくても大丈夫。
最もオススメの土地活用法です。

>>【タイナビNEXT】無料で産業用太陽光発電の厳選優良業者を一括見積り!

ホーム RSS購読 サイトマップ