太陽光発電の投資で失敗しない7つの原則【売電ネット】

設備が高額でコストオーバー

【無料会員登録】資金0円から太陽光発電投資が始められる

リスクのない安定投資がしたい。
利回り10%以上の物件が多数。

>>【タイナビ発電所】土地付き太陽光発電の投資物件検索サイトはこちら

設備の高値買いによるコストオーバー

 

太陽光発電システムは、初期投資費用がどうしてもかかります。投資の利益を確保するために、初期投資額をできるだけ抑えましょう。

 

投資やビジネスの基本として、できるかぎり価格を抑えることが重要になります。

 

しかし、一定レベルの性能を重視します。変換効率や耐久性・信頼性は、売電収入に大きく影響するからです。

 

太陽光発電システムも業者間の競争が激しくなっています。

 

複数の業者に見積もりを依頼して、できるだけ抑えられていると納得できる値段で、かつ責任をもって設置してくれる業者を選びましょう。

 

 

 

【資材費用というコスト】

 

 

太陽光発電システムの主要な機器は、太陽光発電パネル、架台、電線、集電箱、パワーコンディショナーです。

 

ほかにも、侵入者によるイタズラや盗難からシステムを守るために土地を囲う柵も必要です。

 

太陽光発電パネルは、海外製品が増えたことで価格は下がりました。国内メーカー品のほうが値段は高めで信頼性はありますが、性能に大きな差はそれほどありません。

 

 

 

【施工費】

 

 

太陽光発電システムを取り付ける費用。土地の状況や、取りつける場所によって大きくかわります。

 

遊休地への設置(野立て)は、地面に架台を固定して、そのうえに太陽光発電パネルを敷き詰めます。地盤がやわらかければ安定させるために基礎工事も必要になります。

 

 

 

【系統連係費の負担金】

 

 

系統連係費とは、太陽光発電システムでつくった電気を電力会社に送るための費用です。

 

設備で発電した電気を売るためには、電力会社の送電線(配電線)につなぐ必要があります。

 

その土地と電柱との距離がどれだけ離れているか・・・で、初期費用が大きく異なる場合があります。

 

 

 

【工事費を安易に安く抑えようとしない】

 

 

どんなものやことにも「適正価格」というものがあります。無理をして安くしようとすれば、どこかで歪みがおこります。手抜き工事や質を落とすことになるのです。

 

ゆえに太陽光発電システムの工事費を安易に安く抑えることは推奨できません。

 

適切な太陽光発電システムの設置や施工は、売電事業の成否に大きくかかわることだからです。

 

 

 

【台風や落雷などの自然災害などのリスクに対応する保険】

 

 

一度設置すれば定期的なメンテナンスで売電し続ける太陽光発電システム。屋外に設置する以上、さまざまなリスクが発生します。

 

具体例として、台風や落雷、日照不足、機器の不良、日照不足、政策リスク(出力抑制)などがあります。こうしたリスクには保険で対応します。

 

ほかにも保険に似たものにメーカー保証があります。契約時、保証内容などしっかり確認することを忘れずに。

 

 

 

【訪問販売の業者には営業コストがかかっている】

 

 

個人だけでなく、企業にも悪質な訪問販売には注意が必要です。彼らは売るために平気でうその説明をしたり、高値でシステムを売りつけます。

 

たとえ悪質な会社でなくとも、営業マンを雇うということはコスト(給料)がかかっています。その分のコストは、太陽光発電システムに上乗せされます。

 

訪問販売で営業をしている業者は費用が高かったり、安くても手抜き工事をされる可能性があることは覚えておきましょう。

 

適正な価格をタイナビグリーンエネルギーナビなどの無料一括見積もり比較サイトで事前に調べておくだけで、価格面で騙されることはなくなります。

 

>>>監視とメンテナンスは絶対に必要

【無料一括見積もり】安定した収入源を確保するのなら今すぐ

資金や土地がなくても大丈夫。
最もオススメの土地活用法です。

>>【タイナビNEXT】無料で産業用太陽光発電の厳選優良業者を一括見積り!

ホーム RSS購読 サイトマップ