太陽光発電の投資で失敗しない7つの原則【売電ネット】

投資効率と収益力アップを考える

【無料会員登録】資金0円から太陽光発電投資が始められる

リスクのない安定投資がしたい。
利回り10%以上の物件が多数。

>>【タイナビ発電所】土地付き太陽光発電の投資物件検索サイトはこちら

投資効率と収益力のアップを考える

 

【効率と収益力アップを考える】

 

太陽光発電の投資で儲けるのなら、日当たりのよい広大な土地に巨大な太陽光発電システムを設置しましょう。

 

スケールメリットが働き、メンテナンスコストも抑えられるので、出力規模が大きければ大きいほど投資効率はよくなります。とうぜん、可能なかぎり大出力のほうが利益は大きくなります。

 

けれど、誰にも資金という限界があります。そして出力が大きくなるほど、広い土地を必要とします。あなたには、システムの設置場所を確保できるのか、投資資金を用意できるのかといった制約が課されます。

 

そこで、売電ビジネスでは投資効率と収益アップを考える必要があります。

 

 

 

【50kWの中規模システムがお勧めの理由】

 

 

売電すること。つくった電気を全部買い取ってもらうことを考えると、最低ラインは10kWになります。

 

10kWから50kWまでは低圧配電連携。それ以上の2MWまでは高圧配電連携になります。2MW以上は特別高圧配電連携になります。

 

太陽光発電システムで発電した電気を売電するためには、電力会社の送電線につなぐ必要があります。50kW以下ならば、低圧の200ボルトで発電設備から送電線の変圧器に送るだけ。

 

それ以上になると、高圧6000ボルトでの送電になります。そのための設備にお金がかかります。また50kW以上の設備は、電気工作物という位置付けになるため、電気主任技術者が必要になります。2000kW以上になると、専任の電気主任技術者が必要です。

 

ほかにも出力が50kWを超えると特別なメンテナンス体制が求められたり、売電用の高圧受電設備(キュービクル)を新設しなければならなくなります。地面に設置する場合は、策の設置も必須。法定点検も年2回必要です。

 

発電量が50kWを超えると、ずばりコストがかさみます。

 

そのため、スケールメリットと効率のバランスがよい50kWの中規模システムがお勧めです。

 

 

 

【土地分割で費用を大幅に低減する方法】

 

 

50kWの発電量を超えると高圧配電連携となり、初期費用がいっきにアップします。

 

もしも、あなたが100kWの太陽光発電システムを導入できる土地をもっていたとしたら・・・どうしますか。そのまま100kWで売電を開始しますか。

 

それではキュービクルの設置や、電気主任技術者を用意したりといった費用が数百万円かかります。

 

そこで裏技として活用する方法が、土地を分割すること。初期費用をおさえられる50kWを複数設置すればいいのです。

 

こうすれば高圧発電の高コストを負担することもありません。高圧電力用のコストを造成費にあて、初期投資を低く抑えたり、発電状況を良好にしてもいいのです。

 

 

 

【太陽光発電システムのメンテナンス方法】

 

 

自動車の定期点検や車検があるように、太陽光発電システムにもメンテナンスが必要です。

 

屋外に設置されているパワーコンディショナーは、フィルターが詰まって発熱していることがあります。太陽光発電パネルは、目視とサーモグラフィで異常がないかを調べます。

 

そのほか定期的な除草、パネル表面の清掃も必要になります。

 

>>>保証と保険でリスクを回避する

【無料一括見積もり】安定した収入源を確保するのなら今すぐ

資金や土地がなくても大丈夫。
最もオススメの土地活用法です。

>>【タイナビNEXT】無料で産業用太陽光発電の厳選優良業者を一括見積り!

ホーム RSS購読 サイトマップ